2009年12月15日

Kidlat Tahimik in AManTo 1

国際的に有名な映画監督でありアーティストである、と、その前に「お父さん」である、フィリピンのキドラット・タヒミックさんをお招きしてお話をしました。
とても温かい人でした。

経済学の博士号をもっているにもかかわらず、証書を破り捨ててアーティストの道を選んだ彼の生き方に大変興味があります。それは彼の映画をみると、一目瞭然!
是非、見て、感じて、考えて欲しいです。
posted by Lina at 16:52| 大阪 ☁ | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。